時速10kmでのんびり走る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by りゃま
 
[スポンサー広告
最近みたもの2
続く。

滋賀県立近代美術館でやってた「白洲正子 神と仏、自然への祈り」。

ベタで申し訳ないのですが、白洲さん、好きです。
文章が男前。カッコイイ。
それは彼女が生きてきた時代や、彼女自身の人生がそうさせるのかもしれません。

今回の展覧会、いいモノたくさん展示されてました。
中でも最も私が心惹かれたのは「円空作 歓喜天」。
2頭の象の姿をした歓喜天が抱き合うその姿は、
あまりにもプリミティブで時間も国も文化をも超越する生々しさが
ありました。
帰宅後、その歓喜天について調べてみたところ、
愛知の荒子観音寺にあり、秘仏であることがわかりました。

面白かったのは、展覧会場の入り口には次のような張り紙が。
「展示物に関する内容以外の会話はお断りします」
心の中で大拍手した私でした・・・

まだ続く。
スポンサーサイト
Posted by りゃま
comment:2   trackback:0
[未分類
comment
若干、窮屈な気も。
2010/11/28 00:39 | | edit posted by sheep
Re: タイトルなし
> 若干、窮屈な気も。

確かに~
自由にしゃべったり、触ったりできる展覧会もありますよね。

でも・・・
行列ができるような展覧会に行くと、よく年配の女性が
展覧物とは関係のない嫁・姑問題の話とかしてることが多いんですよ!
で、人の流れをさえぎってたり、とかね。
おそらく展覧会が主目的じゃないんでしょうね・・・
2010/11/29 21:29 | | edit posted by りゃま
comment posting














 

trackback URL
http://ashimo610.blog49.fc2.com/tb.php/37-ec5964ee
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。