時速10kmでのんびり走る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by りゃま
 
[スポンサー広告
旅に出る理由
8月下旬から9月の上旬にかけて、新疆ウイグル自治区(中国)を旅してきました。

秘境の旅に出るようになって約10年。
当初の目的は、美しい景色を見るためだったり、パンダに会うためだったりしたのですが、
ここ数年旅の目線は田舎へ、田舎へと向いています。

「澄んだ目をした人たちに会いたい」

その思いは年々強くなります。
より現地の人たちの普通の暮らしを見たい。
できればホームステイをさせてもらいたい。
全然言葉は通じないんですが、少しでも心が通ったらうれしいなあ、
と思って田舎へ向かいます。

僻地ですから、旅の環境は劣悪です。
エレベーターのないホテル。トイレも詰まる。
シャワーのお湯も水だったり、良くて「なんとなく人肌」ぐらい。
悪路を何時間もかけて進み、途中トイレもないので、青空トイレ。

そんな旅の思い出を友人に話すと、大概の人はドン引き。
「変わってるねえ」としみじみつぶやきます。
旅の目的は人それぞれで、きれいな建物や街を見たり、買い物をするのが目的の人もたくさんいます。
そういう人はそれでいいと思いますし、そういう旅を否定する気もありません。

でもホームステイをさせてもらったチベット族の家のお母さんに
「あんたは私の9番目の子供だよ」って言ってもらったり、
たくさんの素敵な思い出があると、もう過酷な旅であってもやめられないんですよね。
「ああ、心が通った!」と思えた瞬間、普段味わえない喜びが体をかけめぐります。

よくわかんない小さな島国からやってきた外国人である私を、精一杯もてなしてくれる、
そんな澄んだ目の持ち主である人たちに会いたくて、私はこれからも旅に出ることになります。

で、今回の旅はどうだったのか?
それはそのうちお話しますね。

スポンサーサイト
Posted by りゃま
comment:0   trackback:0
[未分類
comment
comment posting














 

trackback URL
http://ashimo610.blog49.fc2.com/tb.php/25-95bf5b69
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。