時速10kmでのんびり走る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by りゃま
 
[スポンサー広告
アンテナ
ある人からこんな話を聞いた。

「センスを感じるアンテナは27歳を過ぎると錆びる」

若い間は放っておいても、自分の興味のある情報が
どんどん入ってくる。
それはアンテナの感度がいいからで、
27歳を過ぎるとその感度がどんどん鈍ってくるから
かなり努力しないと情報が入ってこなくなる。
だから、27歳までにいろんなものを見たり、聞いたり、
体験したりしておこうぜ、という話。

自分のことを振り返っても、なるほどな~と思う。
27歳という年齢も納得できる。
今の自分の基礎を作っている文化って
27歳(まあ、20歳代前半やね)までに見たり、聞いたり、読んだり
したこと、のような気がする。
27歳以降は基礎から派生した興味のあることを
能動的に取り入れることで、なんとか生きてる感じがする。

30も半ばを過ぎると、もはや、能動的に動かないと、情報なんて入ってこない。
あ、ここで言ってる情報ってのは、ネットとかツイッターとかで
入ってくる情報のことじゃなくて、自分の五感で体感した情報のことね。

で、そのある人が言うには、
「たまには渇望するのもいい」って。
東京とかにいたら、情報過多過ぎて、何見ていいかわからん。
京都から見て「東京であの展覧会やってる!うらやましい!」
で、わざわざ東京まで見に行く。
その渇望感が満たされる感じ。
ああ、わかるわあ・・・
のどが超かわいてて、やっと水飲めたときみたいな感じ。

で、何が言いたいって・・・
若い人には、「見たつもり」になるんじゃなくて、
足を運んで、見たり、聞いたり、して欲しい、と思う。
以上、おばちゃんの意見、でした。
スポンサーサイト
Posted by りゃま
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。