時速10kmでのんびり走る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by りゃま
 
[スポンサー広告
速すぎる
ある日の糸井さんのつぶやきより。

『じぶんの目の前にいる人「隣人」が見えなくなって、
 ツイッターでつながっている「おおぜいの相手してくれる人たち」が
 よく見えるようになってくる。
 この逆転には、ある種のおもしろい可能性はあると思うんだけれど、
 おかしなことだと思わなきゃね。』

HP、ブログ、mixi、ツイッター。
こういう分野の動きが速すぎて、もうどうにもこうにも消化できません。
糸井さんの言わんとするところとは違うと思うんですが・・・
こういう分野の自己表現を、人的ネットワークを広げる目的で行ってる人って
すごい多いと思います。
無論、ビジネス上で行ってる人も多いと思うので、否定はしません。
でもなあ・・・昭和生まれの人間とすると、なんだか乾いたつながりだなあと
思ってしまいます。
「ネット上の友達はたくさんいるんです」
それって本当の友達?(まあ、本当の友達ってなんやねんっていう意見もあると思うけど)
隣に人がいるのに、ずっと携帯見てる人たち。
もう見ててツラくなりますね。

もちろん、Webとかの利便性は理解してます。
でも、目の前にいる人よりもネットワーク上のつながりの方が大切なのかなあって
思ってしまいます。
ああいう分野のモノとは、自分のできる範囲でうまく付き合っていくしかないのかな
って昭和な人間は思ってます。
便利なとこは利用しつつ、ほどほどに・・・
スポンサーサイト
Posted by りゃま
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。