時速10kmでのんびり走る
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by りゃま
 
[スポンサー広告
2と6と2
2:6:2の法則とは。
 会社などの組織の中で、上位の2割が高い収益や実績・生産性をあげる優秀な人や
 グループ、中位の6割は上位とも下位ともいえない平均的な母集団、そして下位の
 2割の生産性が低いという法則をいう。

この話、いろんな人から聞きました。
でも、いつもひっかかるのは「下の2割のやつが足引っ張ってるんだよね~」と言う側の人のこと。
そういうセリフを言う人は「自分は上位の2割です」という意識があるんだと思う。
自分がどの位置にいるかを客観的に判断するのは、自分ではないだろう、と思ってしまう。
私は上位の2割ですと思うのは、単なる自己満足にしかすぎないと思う。

話は変わるが、同じ組織内で「あの課の仕事の仕方はおかしい」とか批判する人がいる。
そういう人に多いのが批判はするが、建設的な意見は述べないという点。
仕事の仕方がおかしいと思うなら、客観的な改善策を提案してくれたらいいのに。
(と、丸投げしようとする私も私だが)
同じ組織に属するのだから、無意味な相互批判はやめにして、組織を良くするには
どうしたらいいのかを共に考えたいもんだと思う。

自分のことを棚に上げて、他人を批判するのって、見苦しいもんです。
人のフリ見て我フリ直せ。もちろん自分の肝にも銘じたい。

で、ちなみに2:6:2のうち私がどこに属するか。
今は真ん中の「6」です。自覚してます(6の中でもやや下の方)。
上の2割だって、誰からも認めてもらえるように、日々精進でございます。
スポンサーサイト
Posted by りゃま
comment:0   trackback:0
[未分類
| HOME | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。